特殊な女性趣味を持つ私が地方のデリヘルで出会った理想の女の子との体験談を語っていく。

  1. HOME
  2. H体験談
  3. 理想通りの低身長巨乳ロリ

理想通りの低身長巨乳ロリ

中々出会えない理想の女性

私の女性趣味は特殊である。巨乳好きなのだが、
巨乳であれば誰でも良い訳ではない。顔はロリがタイプだ。
ロリで巨乳であれば探せば見つかるかもしれない。
だが私にはもう一つのこだわりがある。
それは身長だ。女の子の身長が低ければ低いほど興奮してしまう。
最低でも150cm以下の女の子が望ましい。
だがデリヘルで私の要望に応えてくれる女の子はそうはいない
よく人気のデリヘル嬢を全国から検索できるサイトを使って
好みの女の子がいないか探すが、全国でも2,3人いるかどうかだ。
だが先日訪れた地方で呼んだ女の子はパーフェクトといっても
良いくらい私の好みのタイプだったのだ。
私が指名したホテルにやってきた女の子の身長は139cm。
顔もロリ系で胸はムッチムチのGカップだった。
正直ここまで理想のタイプと会ったことがなかったので
私のテンションは一気に跳ね上がった。

女の子を呼ぶときに一応コスプレ衣装として
セーラー服をもってくるようにお願いしたが
女の子の私服の方がロリ感が出ていたので
私服でのプレイをお願いした。すると彼女は
「全然いいですよ~」と明るく返事をした。
小さめの彼女の口にディープキスしながら
パンパンに張った巨乳を揉みしだく。
そしてミニスカを履かせたままパンティをずり下ろし
綺麗なピンク色の割れ目を一心不乱に舐め回した。
随分と正直な敏感ボディで舐める度に小さい身体を震わせて
何度もアクメ絶頂しているようだった。
そして今度は攻守交代して彼女に私の性器を舐めてもらった。
小さな身長に小さな口。まるで本当に子どもにしてもらっているようで
背徳感満載のフェラを堪能できた。
徐々に射精感が湧いてきて我慢出来ずに彼女の巨乳に発射。
一緒にシャワーを浴びてそこでもプレイ。
さらにベッドに戻って三回目のプレイ。
身体にある全ての精子を出し尽くした気分だった。
たまたま出張で訪れた地方で出会ったデリヘル嬢。
完全に自分の中でオキニとして認定したので
時間とお金が許す限り彼女に会いに来ようと思う。